ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)第4期開始記念シンポジウム
―基礎研究から応用研究にわたる公開成果報告―

「ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)」は、わが国が戦略的に整備することが重要なバイオリソースについて、体系的に収集、保存、提供等を行うための体制を整備することを目的に平成14年度にスタートしました。本年度から、このプロジェクトは第4期NBRPとして新たなスタートを切ることになりました。これを受け、「NBRP第4期開始記念シンポジウム -基礎研究から応用研究にわたる公開成果報告」というタイトルでシンポジウムを開催する運びとなりました。このシンポジウムでは、いくつかのバイオリソースについて本事業の紹介、NBRPリソースを用いて顕著な成果を挙げられたユーザーの研究成果、NBRPに寄託いただいた貴重なバイオリソースの例、を紹介していただきます。

poster pdf
  • 主催
  • NBRP推進委員会

  • 共催
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

  • 開催日時
  • 平成29年12月20日(水)13:00 ~ 17:00 (受付開始 12:00)

  • 会場
  • 東京カンファレンスセンター・品川 5F 大ホールB (150名)
    〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川 JR品川駅南口(東口)徒歩2分
    http://www.tokyo-cc.co.jp/access.html

  • プログラム
  • 13:00 主催者挨拶 NBRP 推進委員会主査 プログラムスーパーバイザー 情報・システム研究機構 小原 雄治
      来賓挨拶 文部科学省(予定)  
    13:15 藻類 多様な藻類リソースの特徴と整備状況 河地正伸
    国立環境研究所
        細胞内共生に関する基礎研究と産業利用に向けた研究における微細藻類の利用 宮城島進也
    国立遺伝学研究所
    13:50 トマト ナショナルバイオリソース-トマトからインターナショナルバイオリソース-トマトへ ~これまでの成果とこれからの整備戦略~ 江面 浩
    筑波大学
        トマトにおける有毒ステロイドグリコアルカロイド生合成およびα-トマチン代謝に関わる酵素遺伝子の解明 水谷正治
    神戸大学
    14:25 ニワトリ・ウズラ ニワトリ・ウズラリソースの整備・高品質化と利用の拡大に向けて 松田洋一
    名古屋大学
        ニワトリ脚羽系統と羽毛恐竜をつないだゲノム比較研究 田村宏治
    東北大学
    15:00 休憩    
    15:15 マウス 高次生命機能の理解および疾患克服に必要なマウスリソース整備 吉木 淳
    理化学研究所
        次世代型アルツハイマー病モデルの作製と応用 西道隆臣
    理化学研究所
    15:55 病原真核微生物 病原真核微生物-実施報告 矢口貴志
    千葉大学
    16:15 カイコ NBRP カイコの成果概要 ―リソース起源情報のデータ化と利用― 伴野 豊
    九州大学
    16:35 情報 ナショナルバイオリソースプロジェクトにおけるリソース情報の全体像 川本祥子
    国立遺伝学研究所
    16:55 閉会挨拶 NBRPプログラムオフィサー・理研バイオリソースセンター 小幡 裕一
  • 参加申し込み
  • 参加費無料。 事前登録をお願いします。
    お申し込みはnbrp-pr@nig.ac.jpまで、氏名、所属、E-mailをご送付ください。

  • お問い合わせ
  • 国立遺伝学研究所内
    NBRP広報室
    nbrp-pr(at)nig.ac.jp


ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)とは

ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)は、ライフサイエンス研究の基礎・基盤となるバイオリソース(動物、植物等)について収集・保存・提供を行うとともに、バイオリソースの質の向上を目指し、ゲノム情報等の解析、保存技術等の開発によるバイオリソースの付加価値向上により時代の要請に応えたバイオリソースの整備を行うものです。また、バイオリソースの所在情報等を提供する情報センター機能を強化することとしています。
日本医療研究開発機構(AMED)では、平成26年に閣議決定された「健康・医療戦略」に基づく「医療分野研究開発推進計画」の下に、集中的かつ計画的に講ずべき医療分野研究開発等施策の一環として、平成27年度からNBRPの運営を文部科学省から引き継ぎました。本プロジェクトでは、ライフサイエンスの総合的な推進を図る観点から、これまでのNBRP第1~3期(平成14~28年度)においては、実験動植物や微生物等のバイオリソースのうち、国が戦略的に整備することが重要なものについて、体系的な収集・保存・提供等の体制整備を実施してきました。
更に第5期科学技術基本計画において、「生物遺伝資源等の知的基盤について、公的研究機関を実施機関として戦略的・体系的に整備する」とされており、本プロジェクトにおいても、知的基盤の更なる整備とともに、多様なニーズに応えるためにリソースの質の充実の観点を踏まえて事業を推進しています。 
こうした中でAMEDでは、バイオリソースの戦略的な整備と更なる利活用の推進を行うために、平成29年度より第4期NBRPを引き続き実施してまいります。